南の果て、野菜不足と戦う毎日。 羊のバーベキューに舌鼓を打ちながらも ふとした拍子に思い出すケンタッキーフライドチキンの味…。ああ、望郷。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
おまけ(ペルーの思い出)
パタゴニアを離れて3日ほどして、まだ毛穴も開ききらない内に
なぜかチリの北隣、ペルーのリマ(首都)というところにお出掛け♪

実はカーネルさんはこの3年間パタゴニア専門だったので、お隣りの国なのに、ペルーって行った事が無かったんです。従いまして初めてのペルー日記!(1回きりだけど)

3日前まで4℃のパタゴニアから、いきなり27℃、湿度92%の
ペルー、リマへ。深夜に空港に降り立った瞬間に帰りたくなりました。
今回はリマの病院にご入院中の日本人の患者様のお世話に伺ったのですが、逆にこっちが入院してしまいそう・・・。

滞在中はホテルと病院の往復のみ。
まあ、古い石の建物(遺跡とも言う)にゃ興味ないし、インカ文明
よりもインカコーラの方が嬉しいカーネルさんは、別に観光したいとも
思いません。

患者さんが入院してる病院は大きな病院なのですが、クーラーも
扇風機も無い殺風景な個室・・・。当然食事は不味いし、居心地も
よくないのです。

患者さんはわりとお元気で、早く退院したがっていましたが、ドクター
はなかなか許可してくれず、毎日何度も点滴の交換や体温、血圧などの
チェックに来ます。

カーネルは病室に詰めていても大した仕事も無いのでヒマヒマ。
やってきた長身の女医さんに患者さんのついでに血圧を計ってもらいましたら、患者さんよりはるかに悪い結果・・・。患者さんにも
「大丈夫ですか?無理しないでくださいね。」
と心配されるに及んで、情けないやら悲しいやら・・・。


仕事とは言え折角ペルーまで来ているのだから、セビーチェ(魚介のマリネ)やら美味しいお肉やら、チリではあんまり食べられない美味しいペルー料理に舌鼓を打ちたいと思っていたのですが、あったのです!
それをジャマするものが。病院とホテルとの間に・・・。

その名は、「ケンタッキー」。
もちろんチリのサンチアゴにも在るのですが、チリのはコロモの分厚い
クリスピーのタイプ。でもペルーは、日本と同じ味付けのオリジナルタイプ。4年の間待ち焦がれていた懐かしの味!!
この瞬間に、セビーチェも肉料理も頭から消えうせてしまいました。

とは言え、最初から無理はしません。蒸し暑い中あまり食欲も無かったので、まずはゆっくりと6ピースお持ち帰り。
なぜかカーネルはこの時、無謀な決心をしたのです。

「これから毎日夕ご飯はケンタッキーにしよう!しかも、1日1ピース ずつ量を増やしていこう。急激な摂取は身体に悪いから・・・。」

当初は3日、長くても4日の滞在予定でしたので、最終日でも9ピース。過去に12ピースまでは1食で食べ切った実績があるので、まず
大丈夫!と自信がありました。

1日経ち2日経ち・・・順調です。
3日経ち4日経ち・・・通算30ピース。(まだまだ行ける!)
5日経ち6日経ち・・・通算51ピース。(さすがに少し飽きてきた)

いつ終わるんだぁ?って感じです・・・。

7日経ち8日経ち・・・通算76ピース。1日13ピース!
カーネルにとっても未知の世界に突入です。

そして・・・・翌日は1日何も食べられませんでした。
ケンタッキーでおなか壊すなんて、30数年の人生で初めてのこと
でした。既に退院してホテルで帰国便を待っていらっしゃる
患者さんを、お昼、夜とお食事にお連れしますが、カーネルは

「ダイエットしてますので・・・」

とお酒のみ。ダイエットしてるくせに日に日に膨らんでいました。

結局ペルーには10日間。
覚えているのは、ホテルの天井と病院の白壁、患者さんの顔と
フライドチキン、それが全てです。

んでもカーネルは、ペルーを知らない人に質問されたら自信たっぷりに
こう言うのです。

「ペルーは石がゴロゴロしてて(遺跡とも言う)、交通マナーが悪くて
 よく霧が出て、鶏肉が美味しくて、病院はサービスが悪い。」

これが、カーネルの知ってるペルーの全てですもん・・・。


スポンサーサイト
6本足の子羊
「そろそろコルデロも終わりねぇ」
パタゴニアの夏の終わりを惜しむ挨拶です。

付近の山々が雪化粧を始め、風が冷たくなって
来ると、春先(9月~10月)に産まれた子羊たちは
身体つきの立派なものは、もうほとんど親羊と見分けが
つかなくなります。

こうなると、もう子羊=ラムとしての価値はなくなります。
肉質は硬くなり、羊独特の匂いが出てきてしまうからです。
つまり・・・マトンに変わるわけです。

子羊にとっては、コルデロとしてアブリ焼きにならずに済んだ
喜ぶべき夏の終わり、なわけです。
彼らはこの後、長い冬を過ごすために山麓にある夏牧場から
低地にある冬牧場に移り、そこで毛狩りをされた後、繁殖
の準備を始めます。

この段階で、牧場にいる羊の9割はメスになります。
弱いオスは、この冬に入る前に淘汰されます。
つまり・・・サラミやハムの原料になるわけです・・・。
(身に詰まされる・・・。生まれ変わっても羊にはなりたくない!)

その後、選抜された優秀なオスは、あの手この手で子種を採取
され、メスに種付けされます。(どうやるのかは知りません)
そして、翌年また、元気な美味しい子羊を私たちの食卓に
お届けするわけです。

ただ、自然界はそうした人間のエゴを無制限に容認はしないわけで、
こうして生まれた子孫は、徐々に徐々に血が濃くなっていきます。
要は、近親での交配が進むために、羊でもやはり、突然変異と言うか
奇形を持った個体が誕生するわけです。

多くの場合、それらは我々の目にとまることなく処分されていくのですが、
今回当地で見つかったのは、なんと、
「足が6本ある羊」
でした。新聞に写真が載っていますが、確かに6本あります。
どれもちゃんと足の形をしてます。

持ち主の牧場主さんが、今シーズン最後のコルデロとして出荷しようと
して見つけたそうです。結果、出荷はされず、調査のため研究施設へ
送られることになりました。

彼(彼女)にとっては、どちらがよかったのでしょうね?
生き延びたけど研究施設ですもんね。

今日は、人間が如何に悪魔的な生き物か、というお話でした。
日本人だけど。
ナタレスって、ほんとに小さい町です。
おまけに日本人で酔狂にも住んでいる人は他にいない
ようですので、イヤでも目立ちます。
カーネルにしてみれば、ある程度親しくならなければ
相手の顔なんて覚えてられないです。もともと人の顔
覚えるの得意じゃないし。
でも相手はしっかり覚えてることが多いようです。
東洋人なんて珍しいのもありますし、とにかくカーネルの場合
でかいですから、インパクトがあるみたいです。

でも、「よぉ!」とか「元気?」とか話しかけられて無視するのも
悪いですし、「だれ?あんた」っていうのも気まずいし・・・って
ことで、愛想笑い浮かべて挨拶を返すわけです。
どこかでお会いしているのだと信じて・・・。

本日、お昼ご飯に出掛けた後で、珍しく快晴でポカポカ陽気で
したので、おなかも一杯だし、ちょっとばかり海岸通りのベンチで
お昼寝でも・・・・なんて思いまして、寄り道寄り道♪
近くではちっちゃいジャリを連れた奥様方が、ジャリを滑り台で
遊ばせておりました。
「あ~なんて平和な午後のひととき・・・」

そうしますと、滑り台の方から1人の小柄な若奥様がカーネルの
寝そべっているベンチの方へやって来まして、

「こんにちわ。お昼寝ですか?」

「あっ、うん・・・じゃなくて、はい。」

どこかでお会いしたのでしょうが、思い出せません。

「となり、座っても宜しいですか?」

と言われて、昼寝してるからダメ!と言えるほどカーネルは人でなしでも無ければ、聖人君子でもありません。(男だったら言ったかも・・)
彼女はひとしきり子供の事などをカーネルに聞かせた後、なんか
ひじょーに思わせぶりにモジモジと、

「あのぅ・・・お願いがあるんですけど・・・」

「・・・・・・・・・どうぞ。」
    ↓
この時のカーネルの心情を要約しますと・・・
(ダメだダメだ!なに考えてるんだ、おまえは!相手は若いけど子持ちだぞ!そんなことしたら街中の噂になるぞ!でもでも・・・どうしてもって言うなら一度くらいは・・・・。)

「実は・・・5歳の息子に空手を教えてくれないでしょうか?」

「なるほどなるほど・・・5歳の息子さんに空手を・・・空手??」

「あのぉ・・・私のこと御存知ですか?しがないサラリーマンでして、 そんな空手なんてとっても。やったことも無いんですよ。」

「でも、日本の方ですよね?」

「はぁ、まあ一応日本人やってますが・・・」

最近、ナタレスに唯一あった道場が無くなってしまったとかで、息子さんが悲しんでるらしいです。一緒にいた奥様の1人がカーネルをご存知だったようで、かの若奥様に「勇気を出して頼んでごらん」って言ったとか・・・。

う~ん。日本人がみんな空手できるわけじゃないんだよね・・・。
「すもう」じゃダメ? って感じです。 
おー!マイ クレメンタイン!
夕暮れの海岸で
♪Oh my darling , oh my darling ♪
♪oh my darling Clementine♪
と歌っているグリンゴ発見!
*グリンゴ=北米の人
有名な「愛しのクレメンタイン」という曲です。
(正確には2番の歌詞です)
この後は、
♪You are lost and gone forever ♪
♪Dreadful sorry Clementine♪
と続くんですが、英語でよかった~って感じです。

だって、歌詞の内容は、ゴールドラッシュで
カリフォルニアにやって来た炭鉱夫の娘の
クレメンタインちゃんが、アヒルを追っかけて
川に落ちて死んじゃったけど、僕は泳げなくて
助けられなかった・・・っていう歌なんです。

こんなの、水辺で子供を遊ばせてるスペイン語しか
話さないお父さん、お母さんが聞いたら発狂しちゃいます。

まあ、そんなこんなで知り合ったグリンゴ君。
名前はジェイソン。28歳の男前。カーネルといい勝負!
(カメラ持ってなかったのが残念!)
この彼が、カーネルが少しだけ教えてあげた日本語の
「愛しのクレメンタイン」を覚えようと必死でした。

あっ、この曲、日本語では「雪山讃歌」って言います。
♪雪よ岩よ われら~がやどり~♪
♪おれたちゃ まちには 住めないからに~♪
っていう、山に登る日本人なら誰でも知ってる曲です。
カーネルは小学校の音楽で習った記憶があります。

これを上から下まで暗誦できるのがカーネルの数少ない自慢
の1つ!です。
これをジェイソン君に、日本語で歌って英語で意味を説明して
あげましたら、彼は最後のフレーズ(9番)が一番のお気に入り。

♪山よ さよなら ご機嫌よろしゅ~♪
♪また来る ときにも 笑っておくれ~♪

まあ、短いセンテンスですから、外国人にも覚えやすいのか、
手のひらに書き留めて、10分も練習すればそれなりに
歌えるようになりました。

パイネのトレッキング(既に雪混じりだったようで)を終えてきた彼には特別な感慨があったのでしょう。何度も何度もその9番だけ繰り返し
歌ってました。

決して上手くは無いし、時々詰まっては自分の手のひらを見ながら
歌う彼。それを聞いてるうちに、なんだかカーネルも、切なくて、目頭が熱くなるのを禁じ得ませんでした。(最近、涙腺弱くって・・・)

山よ、さよなら。ごきげんよろしゅ~!

来週で、この日記もおしまいです。
英語話してるんだけど。
パタゴニアをご旅行されているお客様の運転手から
カーネルに電話が掛かってきました。珍しいことでは
ありません。運転手とは旧知の仲です。

運転手 「今一緒にいるお客さんなんだけど、スペイン語
      はもちろん、英語も全然みたいなんだけど、
      助けてくれないか?」

という電話です。まあ、いつものことなので慌てることはあり
ません。ヘルプしに、お客さんと運転手のところへ行くと、

お客さん 「運転手さんの言ってることが全然分からなくて・・・」

運転手 「お客さんがどうしたいのか全然分からなくて・・・」

そのために万国共通の英語ってモンがあるだろう!
って思いながらも、ここはグッと我慢。

こんな時、お客様と運転手は丸っきり正反対の事を言います。
(日本人のお客様とチリ人運転手の場合)

お客様 「すみません。英語も片言なのでご迷惑お掛けして・・・」

運転手 「せっかく英語で説明してるのに分からないんだぜ・・・」

これだけ見れば、お客さんが英語を理解できない、というように
見えますが、よくよく話を聞くと、どうもそれだけじゃないような・・・。

運転手 「おれはちゃんと、フエア・ユー・きえれ・こめーる?
     って訊いてるのに、お客さんは分からないんだ・・・」 

 * 「昼食はどこかご希望がありますか?」と訊きたかったらしいが
    英語は最初のフエアー・ユー(あなた&どこ)だけ・・・。

お客様 「どこから来たんですか、って訊かれてると思って、
  フロム・トーキョーって答えたんだけど伝わらなかったみたい。」

この状態で英語を話してると自信を持って言い切る運転手の度胸がすごい!

一般に、英語に関してはチリも日本もおんなじ程度のレベルだと思います。この差は、言うなれば度胸の差でしょう。日本人の英語だってそんなに悪くないと思いますので、あとは「なんで俺の英語が分からないんだ!」っていうくらいの度胸があれば、大抵のことは乗り越えられます。
最悪は、日本語で叫んだって、YES かNO の意思は伝えられます。
どうか、恥ずかしがることなく、声を大にして叫んでください。

「わたし!トゥモロー!パイネ!いく!ウォント!」

大丈夫!伝わります、たぶん。少なくとも熱意は・・・。

カーネルもたまにやります。
特にお客様と一緒に食事をする際はちょくちょくやらかします。

お客様 「せっかくここまで来たんだから、カニが食べたいわね」

カーネル「カニですね。分かりました。お~い!おやじ!
      ケレモス・ウン・プラト・デ・かに・・・・」
 (ほしい) (1皿) (を)(かに??)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。