南の果て、野菜不足と戦う毎日。 羊のバーベキューに舌鼓を打ちながらも ふとした拍子に思い出すケンタッキーフライドチキンの味…。ああ、望郷。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
思い出は心の葉脈とともに・・・。
これが、今期のなれそめ日記、最後の発信になります。
まだまだ、書き残したこともいっぱいあるような気がしますが
それは、いずれまた別の機会に。

今回は4ヶ月弱ほど当地、プエルトナタレスに駐在しました。
悲喜交々、色々なことが起こって、飽きもせず楽しむことが
出来ました。昨シーズンから通算でパイネへ行った回数は
19回。その1回1回がとても楽しくて、忘れがたいものが
あります。おそらく日本人で19回パイネに行った人は他に
いないんじゃないですかね?日本記録です!たぶん。
ペリトモレノ氷河にも、8回も行かせて頂きました。

フライドチキンが食べられないのが玉にキズですが、パタゴニア
は本当に良いところです。年中寒くて、でも人は温かくて、
懐かしい匂いがして、山がきれいで・・・。
赴任前に同僚に「半年間のバケーションへ行ってきます」
と言って出て来たカーネルは、その通り、趣味半分、仕事半分
の生活を送らせて貰いました。
これも一重に、遠くからいらして頂いた日本人のお客様方、
そして当地ナタレスの悪友たちのお陰であると、感謝しております。

先日、パイネへお別れに行ってきました。
既に山側は吹雪いておりましたが、なんとも美しい、何度見ても
美しい山たちです。まさに「神の造形」と呼ぶにふさわしい連山
を見ながら一句、

「会う時は 語りつくせと思えども 別れとなれば 残ることの葉」
(盗作!出典は忠臣蔵、小野寺十内の手紙)

それでは、色々な思いを残しながら、ひとまず、

「これにて御免!」

カーネル・3ダース
スポンサーサイト
ごあいさつ
私は帰ってきた。

と、いうか、帰ってきちゃった・・・。

今年の4月には『もう2度とこんなトコ住めるか!』と思って
いたのに、またノコノコ戻ってきてしまいました。

自分がその中にいる時はその価値というのは良く分からないものです。
離れてみると、理由もなしに『戻らなきゃ、急がなきゃ』という焦燥に
駆られて、物質的に何の不自由も無い首都から、物質的に何の自由も無いパタゴニアの僻地、プエルトナタレスへ再び。

そんで、戻ってきて2日目には『逃げたい』衝動が始まり、5日もすると『あきらめ』に変わり、『じゃ、そろそろ仕事でもしようか』ということになるわけです。

はい、正解!

今日でちょうど5日目です。

そういうわけで、4月に一度終わらせた(つもり)だったこの日記、
再開の運びとなりました・・・。

また突然いつ終わるか分かりませんが、それまで宜しくおねがい申し上げます。

                  激やせしたカーネル。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。