南の果て、野菜不足と戦う毎日。 羊のバーベキューに舌鼓を打ちながらも ふとした拍子に思い出すケンタッキーフライドチキンの味…。ああ、望郷。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
マゼラン像お化粧直し
1月23日

プンタアレナスの中央広場、PLAZA DE ARMAS の改修工事が終了し
一般市民の立ち入り規制が解除されました。
約10億チリペソ(約170万ドル)と1年にわたる改修期間を経て
何が変わったのかといいますと・・・これがよく分からないのであります。中央のマゼラン像は相変わらずブロンズ製ですし、周りの
木々も枝を整えられたり、整地されたあと新たに植えられたりして
若干の改修は認められるものの、果たして170万ドルは何処へ
消えたのか、或いは市民の知らないうちに地下に金塊でも埋められたのか・・・?
でも当のプンタアレナス市民は、「うん、よくなった!これで
世界中の観光客に自慢できる!」と自信満々なのであります。
1年前の広場の姿を見ている私としては、みんな!集団催眠に
かかってるぞぉ!って感じなのですが、まあ、彼ら自身が満足してるならそれでいいのかな・・・と。同市に税金払ってるわけでも
ない私としては、納得するしかないのでした。
でも・・・みんなぁ!やっぱり変だぞぉ!・・・。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。