南の果て、野菜不足と戦う毎日。 羊のバーベキューに舌鼓を打ちながらも ふとした拍子に思い出すケンタッキーフライドチキンの味…。ああ、望郷。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
パコがパコパコやってきて・・・。
2月10日

パタゴニアに来て昨夜初めて警官の職務質問を受けました・・・。
友人と午前2時まで飲んだ帰り道、人通りのすっかり絶えた住宅地を歩いていると、犬を連れたパコが(パコ=警察官、悪い言葉ですので、教養のある人はあまり使いません)近づいてきて、カルネ(身分証明書)の提示を求められました。

別に酔払って歩くのは犯罪じゃないし、正々堂々としていればよかったんですが、そのうち犬が私のリュックをクンクンやりだして、
持ち物検査までされる羽目に・・・。

最近、この田舎町の若者たちの間でも、マリファナ・パーティーなどがあるそうで、特に深夜の若者(若者だと思ってくれたんだ♪って喜んでる場合でもないけど・・・)は注意しているのだと言いながら、リュックの中をゴソゴソやっていた警官、一つの紙包みを
見つけると、私に

『これはなんだ?』

酔払ってた私、ここでその謎の物体を警官に説明することになり、

『それは、ある植物から作られる食べ物で、日本人はみんな大好き
 で、ご飯と一緒に食べると最高で、ちょっと匂いがあるけど
 酒にもよく合って・・・』

ってなことを口走ったのです。(と思うのです、良く覚えてないけど)するとこの警官、包みからそれを取り出して、鼻を近づけて
匂いを嗅いだ後、犬の鼻先にそれを突き出しました。
犬、訓練された警察犬の筈なのに、しきりにその匂いから逃げようとします。

パコは、一応マリファナでもコカインでもない事を納得すると、
戻された『それ』をその場でかじり始めた私を見て、まるで
ゴキブリでも見るような眼を向けた後、去っていきました。

その日、偶然会った日本人のオバサマから頂戴した『それ』とは。

あたりです!『たくわん』でした。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。