南の果て、野菜不足と戦う毎日。 羊のバーベキューに舌鼓を打ちながらも ふとした拍子に思い出すケンタッキーフライドチキンの味…。ああ、望郷。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ゲテモノ食い
2月23日

知り合いの経営するホテルでのお話です。
併設されているレストランでチリ人の若者4人がランチを召し上がっておいででした。若者らしく大声で騒ぎながら・・・。

別に聞き耳を立てていた訳ではないのですが、彼らの会話の内容を
聞いていると、どうやら『ゲテモノ喰い』の自慢をしあっているようです。

『オレ、このあいだグアナコ食べたんだけどさあ・・・』

『きゃ~!私なんかペンギンしか食べたことない・・・』

と、どちらも犯罪のような事を自慢しあっていたのです。

ここで、私も何か自慢したい!っていう衝動に駆られてしまった
私は、自分が彼らのような自慢できるようなゲテモノを食べたことがないことに気づいてしまったのです。

と、話しに入りたいのに入れないモジモジ君の私に、1人のお兄ちゃんが誘い水を向けてきました。

『あんたの国では、みんなそんな変なものは食べないんだろ?』

やっと話に入れるチャンスを与えて貰った私は、頭フル回転で
自分が食べたことのある『ゲテモノ』を探します。

『日本にはそんなに珍しいものないからねぇ・・・食べたことが
 あるのは、マグロの目玉とかイルカの肉くらいだなぁ・・・』

皆さん、それがどんなものか想像できないご様子。
そのうち、1人の女の子が、

『でも、日本ってお魚、生で食べるんだよね?』

私、答えます。

『そうだね。生が一番美味しいね。』

若者たちの中にざわめきが走ります。

どうやら彼ら、私が生のマグロの目玉をくりぬいて、そのまま手掴みでムシャムシャやってる場面を想像してます。目がそう言ってます。私をペキン原人か何かと間違えているのでしょうか?

名誉のために私、次々と食べたことのある、珍しい加熱食品を挙げていきました。

『いぬ、くま、へび、ねずみ、たんぽぽ、さぼてん・・・』

彼らの内のリーダー格の男が、私を遮って話題を変えました・・。
食事を終えた彼らのうちの1人の女の子が席を立ち上がりながら
私に言いました。

『ごめんね、悪い事訊いて・・・。』

えっ!? 

なんであやまるの??

えっ?

あれっ?

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。