南の果て、野菜不足と戦う毎日。 羊のバーベキューに舌鼓を打ちながらも ふとした拍子に思い出すケンタッキーフライドチキンの味…。ああ、望郷。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
プエルトナタレス警戒強化!
昨年1年間に、パイネ国立公園を訪れた観光客の数は、延べ10万人という発表がありました。ここ数年、コンスタントに伸びてきており、今年も増加傾向にあると報告されています。それに伴い、残念なことに旅行者を狙った犯罪も増加傾向にあり、プエルトナタレスでは、警官の増員、夜警の強化などが行われています。

もとより、観光客を狙ったスリ、引ったくり、置き引きなどは州都プンタアレナスに於いて顕著でしたが、最近ではここ平和な田舎町、プエルトナタレスでも増加傾向にあります。それに加えて、ここ最近では、麻薬売買、麻薬所持による収監者があとを絶たず、その中には、軽い気持ちでチョイとマリワナを・・・といった外国人観光客も含まれています。今のところ、日本人で収監されたという話は聞きませんが、どうか
観光でいらっしゃる皆様も、怪しげな事には巻き込まれないよう、細心の注意をお願いします。

実は本日20:00頃、弊宅をパトカーに乗った警官2人が訪ねてまいりまして、

『ここに東洋人が住んでいると聞いたんだが、お前か?』

と訊かれました。いつもながら高飛車な態度で頭に来るんですが、まあ警官なんてどこでもこんなものでしょう・・・。

私答えて『そうだけど・・・』
警官 A 『ちょっと一緒に来て欲しい』

と言われてしまいました・・・。

『でも今、スパゲッティ茹でてるし・・・』

と訳の分からない言い訳をした私に向かって

警官B 『ちょっと通訳して欲しいんだ。韓国人の。』

私  『へっ?韓国語??』
(あんにょんはせよぉ~、しか知らない・・・)
   『あの・・・ぼく、日本人で・・・』

警官B『日本語と韓国語は違うのか?』

私  『う~ん・・・ちょっっとだけ違うかな?』

警官B『しゃべれないのか?』

私  『残念ながら・・・』

すると、警官A が『どっかに韓国語しゃべれる奴を知らないか?』と食い下がります。

私  『はい、韓国に行けば・・・』

警官A/Bともこちらの馬鹿さ加減にあきれたのか、顔を見合わせ

『じゃあ仕方ない。韓国人を麻薬所持で収監したんだが、言葉
が・・・』

はは~ん、なるほど。取調べか何かで通訳させようとしたわけやね?

と、いうようなことがありました。

誰が、ここに東洋人が住んでるなんて言ったのか分かりませんが、
まあ、何やっても図体のでかいカーネルは目立つからね・・・。
でもこれで、日本人がここに住んでることはバレバレなわけで、
どうか観光客の皆様、暮れ暮れも警察署でカーネルとお会いするなんてことに巻き込まれないように、十分ご注意くださいませ。

でもでも、もしカーネルが捕まっちゃったら、これを読まれた方は、どうかどうかフライドチキンを差し入れて下さいませませ・・・。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。