南の果て、野菜不足と戦う毎日。 羊のバーベキューに舌鼓を打ちながらも ふとした拍子に思い出すケンタッキーフライドチキンの味…。ああ、望郷。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
いただきもの
海外旅行中は現地の名物、美味しい物をいただきましょう!
とは皆さん口では言いながら、カバンの底には殆どの人が
なにかしら日本の味覚を忍ばせてご旅行されるようです。

何をお持ちになるかは人それぞれな訳ですが、まず半分以上の
方がご持参されるのは『しょうゆ』ですね。
日本人大好きですもんね、しょうゆ。
私が見たところ2番手は『インスタント味噌汁』
3番手が『小袋入りお漬物』でしょうか?
どちらも白いゴハンのお供です。
続いて、『おせんべい』や『あられ』などの米菓子。

日本食だからって、レトルト牛丼の素やインスタントカレーを
持ち歩く人は余り見かけませんねぇ。なぜでしょう?

賢明な皆様はもうお気づきかと思いますが、上位に来たのは
何れもゴハンに関係したものですよね。(しょうゆは???)
日本人にとって『白いゴハン』が如何に神聖なものかが分かろうと
いうものです。1日に1回はゴハンを食べないと体調が悪いという
方もいらっしゃいますから、旅行中は大変です。

チリでは、パタゴニアと言えど、ゴハンは大抵のレストランで
用意されています。頼めば出してくれますが、米は当然パサパサの
インディカ米ですから、箸ではちょっと食べにくいようです。

さて、こうしたゴハンのお供たち、旅行が終盤に差し掛かると
ほとんど例外なく、皆様持て余し気味になります。残りがあと1日2日
しかないのに、カバンの中には日本食で一杯、なんて人も・・・。
日本にそのまま持ち帰っても重いだけで無駄な気がするのでしょう、
ほとんどの方が現地に残していかれます。現地には私のようなハイエナ
もいますので・・・。

先週末、日本から大勢のお客様がパタゴニアを訪れました。
心優しい日本の奥様方、だんな様方は、カーネルの体付きを見、独身で
ろくなもの食べてないって聞くと、色々と置いて行って下さいます。
それが、上記のゴハンのお供たちです。実に実に、この週末だけで
ダンボール1箱分のお裾分けを頂戴しました。感謝感激です。
僻地生活も半年も経験すれば、ほとんど日本食なしで平気になるのですがそれでも、やっぱり、すごくうれしいです。

今日は1日、ダンボールの中身を眺めてはニヤニヤし通しで仕事になりませんでした。この先1ヶ月は毎日、米だけ炊けば生きていけます!

とってもとっても有難いです。恵んで下さった皆様に心から感謝してます・・・。その上で、敢えて申し上げます。

この次にいらっしゃる方は、是非是非『レトルトカレー』と『牛丼』を
なにとぞ、なにとぞ・・・。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。