南の果て、野菜不足と戦う毎日。 羊のバーベキューに舌鼓を打ちながらも ふとした拍子に思い出すケンタッキーフライドチキンの味…。ああ、望郷。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
お持ち帰り
チリやアルゼンチンのレストランで食事をされると、たいていの日本人の方はそのボリュームの多さに驚かされます。お昼から分厚いステーキ2枚と大盛りポテトフライ・・・とか。現地の人は女性でも平気で平らげてしまうからもっと驚きです。
どうゆう胃の構造してるんだろう・・・。

まあ、カーネルもフライドチキン10ピースを30分で平らげられる程度の胃は持っていますから、私の場合はいつも適量ですね。
たまにお客さんと一緒に食事をすると、ご婦人方が残された肉や魚は、まず間違いなくカーネルのところに回ってきます。日本人は礼儀正しくて、食事を残すという習慣があまり一般的ではないですから。当然、調子に乗ったカーネルは片っ端から片付けていきます。

こんなカーネルでも、食べきれないときはあります。二日酔いの時や、重たい脂ものなどは、さすがに3人分も4人分もは食べられません。
(フライドチキンは別腹!!)

そんな場合は、いわゆるDOG BAG に入れてお持ち帰りになります。

『家の犬にあげるから、包んでくれる?』

って言えば、ほとんどの店でやってくれます。

但しちょっと顔馴染みになったレストランなどでは、

『おまえ、またか』

って言われますので、正直に言うようにしています。

『カーネルっていうペットの夜食に・・・・』

今日も、とあるグループの方がプエルトナタレスにご到着になり、お昼をご一緒させて頂きました。今日のメインはキスのフライ、1人3匹。皆様の分を頂き、6枚まではその場で片付けたのですが、あと4枚がどうしても・・・・。
普通、日本でキスフライ定食って言えばキス1枚とサラダでしょう?
どう考えても普通の日本人にはヘビーです。いくら育ち盛りの
カーネルとはいえ、10枚は食べ切れません。
(フライドチキンならいけるけど)
そこで、残った4枚包んでもらうことにしました。

カーネル 『最近、コネコがよく来てさあ。しかも3匹。かわいいんだ      よね、これが。』

ウエイター『分かってるって。別に恥ずかしいことじゃないんだから』

カーネル 『・・・・ホントだってばよ!』

ウエイター『オーケーオーケー。ちゃんとピリカラソースかけといてや      ったから。』

カーネル 『よっ、余計なことすんなよ。ネコが食べれないだろ!』

ウエイター『わかったわかった。ネコがね、はいはい。』

カーネル 『・・・・・・・(悔し涙が出そう)』

日頃の行いが悪いと、本番で信じてもらえないのですね・・・。

 『おおかみがでたぞ~~!』
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。