南の果て、野菜不足と戦う毎日。 羊のバーベキューに舌鼓を打ちながらも ふとした拍子に思い出すケンタッキーフライドチキンの味…。ああ、望郷。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
マネーゲーム
ここ1年以上に渡り、チリでは米ドルに対して非常なペソ高が続いております。つまり、チリをご旅行される方にとっては、何かと【高い国】になっております。

特に、物資の少ないパタゴニアでは食料品、生活雑貨などに至るまで、米ドルをベースに生活している人(特に私!)には非常に厳しいものがあります。

最果て人も、これはいかん!と思ったらしく、ここ数日、チリペソ紙幣を握り締めて両替屋に並ぶ人が増えています。加えてチリもこれからバケーションシーズン。1月15日の大統領選決選投票が終われば、多くのチリ人が夏休みに入ります。

そんな事情も手伝って、今、この最果ての地では、アルゼンチンペソが大人気!
もう米ドルは信用できないから、アルゼンチンペソで財テクしよう!なんて単細胞人が多いのです。4年半前のアルゼンチン経済崩壊のことなんて、もう彼らの記憶にはないかのよう・・・。

まあ、財テクはさておき、外国人旅行者にとって、両替レートというのはいつでも頭痛の種。パタゴニアのように2カ国にその観光がまたがるケースでは尚更です。見慣れない何種類もの通貨を操らねばなりません。

そこで、パタゴニアを旅するための、賢い両替法♪

1.まず、我らがジャパンの誇るイェンですが・・・非常に使えませ
ん。日本を出国する際に、米ドルに替えてしまいましょう。

2.次に、チリに入国する際に、チリペソを少し多めに持つようにしま
す。入国時はサンチアゴですし、ここからプンタアレナスなどの地
方都市へ行くと、5%程度ドル換金レートは悪くなります。

3.チリの観光を終えアルゼンチンに向かう際に、チリのプンタアレナ
スやプエルトナタレスの町で、全額アルゼンチンペソに替えてしま
いましょう。
  
  ここが大事です。
  チリ側(マゼラン州)でアルゼンチンペソに両替するとレートが悪
く思われ勝ちですが、さにあらず。恒常的にアルゼンチン人が流れ
込むパタゴニア・マゼラン州では、常に彼らの落とすアルゼンチン  ペソがダブつき気味。それゆえ、アルゼンチンに入国してからチリ  ペソをアルゼンチンペソに替えるよりもレートが全然良いのです。
  
ちなみに、本日レート、【チリペソ→アルゼンチンペソ】の場合。

プエルトナタレスでは = 177チリペソ → 1アルゼンチンペソ
カラファテでは    = 216チリペソ → 1アルゼンチンペソ

こんなに違うんですから、利用しない手はありません。
これで、アルゼンチンに渡ってから、美味しいサーロインステーキが1枚余分に食べられます!

ちなみに、アルゼンチン入国後で、チリペソが使える場所は殆どありませんので、全額チリ側で替えてしまって問題ありません。(陸路の場合)

実は私も、ちょくちょくアルゼンチンに行く機会があるので、その際は必ずチリ側で両替してから行っています。そんで、安くて美味いアルゼンチン牛肉をこっそり密輸しています・・・。  

でも、アルゼンチンにケンタッキーはないので、フライドチキンの密輸は残念ながら出来ません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。