南の果て、野菜不足と戦う毎日。 羊のバーベキューに舌鼓を打ちながらも ふとした拍子に思い出すケンタッキーフライドチキンの味…。ああ、望郷。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
日本の心
先日、おらが村の若手ガイドの夜の集まりに呼ばれた
時のこと・・・。

骨付き肉ほおばりながら、ワイン片手に、日本文化について
大いに盛り上がりました。というのも、メンバーの中に
ショウトウカン空手を学んでいるものがいて、彼が一同に対して
トクトクと空手道精神を説き始めたのです。

そもそも空手とは・・・酒の勢いも手伝って彼は饒舌でした。
みんな普段馴染みの無い東洋文化、しかも『ラストサムライ』
の話に及ぶと興味津々と言った顔つきで、彼の独演会を聞いて
いたのでした。

彼がようやく話し疲れた頃に、それまで黙っていた女の子が、
『haiku』って知ってる?とボソッと言いました。
もちろん田舎のお兄ちゃん、お姉ちゃんの集まりですから、
そんな高尚なもの、誰も知りません。そのお姉ちゃんが説明を始めました。

『haikuっていうのは、日本の短いお手紙のことで、短い中にいろんな
 気持ちを込めるものなの』

という、ほぼ100%の説明をしたのには驚きました。彼女は大学で東洋史を学んだのだそうです。もちろんスペイン語で語数を合わせるのは難しいので彼女はカーネルに、幾つか例を挙げて見せて・・・と頼みました。

『げっ・・・』って感じです。
カーネルにそんな教養を期待されても・・・。でも私も男です!女性の頼みを断るわけにはいきません!
(もちろん女性にもよりますが・・・)

とはいえ、頭の中を駆け巡るのは

『ケンタッキー、今日も明日もケンタッキー』とか
『コネコ来て、私のおかず食べちゃった』とか

カーネルの馬鹿さ加減を露呈するものばかり・・・・。

酔った頭で、小学生時代の記憶箱を引っ掻き回し、思いつく限りの
俳句を並べてみました。

【すずめのこ そこのけそこのけ おうまがとおる】
【かきくえば  かねがなるなり  ほうりゅうじ】
【はるのうみ ひねもすのたり  のたりかな】
【あさがおに つるべとられて  もらいみず】
【たびにやんで ゆめはかれのを かけめぐる】

他にも幾つかありましたけど、これの意味を全部解説させられましたが
難しいですね、外国語で俳句説明するのって・・・。まあ日本語でも
よく理解できないのもあるんだけど。

さて、この中で、現地青年に一番人気だったのはどれでしょう?
それは、偶然にも、カーネルが一番好きなのと同じでした。

やっぱ、言葉や文化は違っても、感じ方とかは同じなのかなあ。
正解は、【たびにやんで】でした。

こうした『言葉』を遊びに使うと言う習慣は、あまり西洋世界には見られないようです。
ダジャレやオヤジギャグみたいなのも、余り当地では耳にしませんし。

やはり、日本文化は偉大だ!というのが結論でした。
宴の最後には、空手青年がカーネルを相手に組み手をやらせてくれ!といって来ましたが・・・。
私と彼とでは・・・異種格闘技です・・・・(空手と相撲)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
日本文化を英語で紹介する辞典
杉浦 洋一 + Johan K. Gillespie 共著
ナツメ社 1980円 + 税
ボクがよくおじゃまするブログで紹介されてましたよ。http://diary.jp.aol.com/applet/ekgefy/archive?b=40
2006/02/10(金) 04:31:48 | URL | ak9216 #UZvZGH2w[ 編集]
ありがとうございます。
今度日本に行く友人に探すように
頼んでみます。
2006/02/10(金) 06:24:00 | URL | カーネル #-[ 編集]
他人の日記
カ-ネルさんのいつも楽しませてもらってます! 年令に関係なく(?)読ませるとこは才能だと思いますが、日記ほかの人に読まれるのって勇気、要りますよね。

2006/02/10(金) 12:24:47 | URL | 金子ユウ #-[ 編集]
RE:他人の日記
そうですね。
他人に自分の日記読まれるなんて
中学の初恋の女の子との交換日記
以来のことです・・・。
「おくて」だったんです・・・。

2006/02/10(金) 14:11:32 | URL | カーネル #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。