南の果て、野菜不足と戦う毎日。 羊のバーベキューに舌鼓を打ちながらも ふとした拍子に思い出すケンタッキーフライドチキンの味…。ああ、望郷。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
害獣
観光客の方があまり目にすることはないのですが、
パタゴニアにはある種の害虫や害獣が存在します。
もちろん、害虫や害獣なんて呼び方は、人間の
一方的な都合で付けられたものなんですが。
我が家に出没するハサミムシなどは確かに何の役にも
立たないのですが、別に噛み付くわけでもなし、
こんなのはかわいいもんです。

今、南パタゴニア地方、特にフエゴ島、ナバリノ島といった
パタゴニア最南部で問題になっているのはビーバー。
現地ではカストールと呼ばれます。

この動物、最初に南米に持ち込まれたのは1940年代。
パタゴニア土着の動物ではなく、当時のパタゴニアの産業
振興の一環として、その毛皮をアメリカやヨーロッパへ輸出
するために、カナダから持ち込まれました。
最初は約100匹。アルゼンチンのフエゴ島、ファニャーノ湖
(FAGNANO のイタリア読み。チリではファグナノと呼ぶ)
近辺にコロニー移住しました。このカナダからの可愛い動物
たちですが、その後、年を追うごとにコントロール不可能な
スピードで増殖を始めます。

1つには、フエゴ島には森林と小河川が豊富にあり、彼らの
生活環境に非常に適していたこと。
(これはカナダも同じこと)

2つ目は更に重要な要素、ビーバーたちにとっての天敵が
存在しなかったこと。
(カナダにはビーバーを捕食するクマがいた)

以上の理由からフエゴ島のビーバーは爆発的な増殖を続け
1999年には同地域に6万匹の生息が確認されました。
このままコントロール無しで増殖が続くと、2010年には
10万匹を越えるとの予測が出るに及び、さすがに地元
行政も放っておけず、2004年から罠による大規模捕獲
を始めて、昨年1年間で5千匹を捕獲したそうです。

ビーバーがなぜ害獣として扱われるかと言うと、

1.彼らが住居建設のために森林を根こそぎ破壊する。
  ビーバーの襲撃にあった森林は見事に荒れ沼と化し
  全ての木が枯れつくします。

2.彼らの作るダムが、人間の生活用水路を塞ぎ、
  しばしば水不足、洪水の原因になる。

人間の勝手な都合で持ち込まれ、増えすぎると今度は
駆逐される・・・。ナタレスの野良犬たちも同様ですが、
人間は一体いつまでこんなことを繰り返すのでしょうね?

もし、人間を超える存在がある日突然地球に降り立ったと
したら・・・・

世界人口65億を越えた我々人類は、真っ先に「害獣」
に指定されて捕獲、駆逐されるのでしょうね。
殺人スプレーとかシュッーてされて・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
蟻は害虫か?
ブラジルは蟻の宝庫、今使っているパソコン゜の回りにも来ています。毎年種類が違う!草原には大きな蟻塚
が出来ているし、庭の木の葉が一晩でなくなることある。虫害と言うより、近寄るべからずの存在、通り過ぎるのを待つのみです。
2006/03/01(水) 02:52:28 | URL | yuu.k #-[ 編集]
まちがい
コメントする短文、間違いない様気をつけてるのに間違ってる!コレってブラジルボケです。
2006/03/01(水) 09:10:40 | URL | yuu.k #-[ 編集]
どうぞ、お気になさらずに。
私も本文書くときに、最初に書きたかったテーマになかなか辿り着けずに、全然別の主張になってしまうことがしばしばあります。
これって、天然ボケです。
2006/03/01(水) 09:16:55 | URL | カーネル #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。