南の果て、野菜不足と戦う毎日。 羊のバーベキューに舌鼓を打ちながらも ふとした拍子に思い出すケンタッキーフライドチキンの味…。ああ、望郷。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
初雪観測
3月に入り、にわかに天候不順の続いている
プエルトナタレス、パイネ地方です。
まあ、例年の流れと言えばそうなんですが、今年は
少し早いかなって気もします。

ドンヨリとした曇り空が多くなり、冷たい雨が降ったり
止んだり。出掛けるのはちょっとした晴れ間を見つけて
手早く済ませてしまわないと、凍りつくような雨に打たれて
しまいます。観光でいらっしゃってる方には大変お気の毒
なんですが、こうしてパタゴニア地方は急速に冬の装いを
深めていきます。ここ数日の雨で、ナタレス近郊のさほど
高くない山々でも雪化粧が始まりました。

こうなると、町全体が慌しくなるのもいつものこと。
旅行会社は今期の売り上げを計算し始めますし、いつ店を
閉めようかという話が盛んに交わされるようになります。
また、旅行業に従事している者たちが、多くは学生のアルバイト
ですが、そろそろ都会に戻りだします。

そのためささやかな送別会のようなものが、あちこちで開かれます。
来年また戻ってくる者もいれば、もう2度と戻らない者もいます。
そんな中で、カーネルを取り巻く連中の間では、ビールやワインでは
無く、カラファテのサワーで乾杯するのが慣わしです。

ご存知の方も多いと思いますが、当地には「カラファテを食べると
パタゴニアに戻ってくる」という言い伝えがあり、その思いを込めて
みんなで乾杯するわけです。この場では、もう2度と戻らないと
決めている人でも、「また来年!」といって見せるのが礼儀です。
(カラファテの伝承については、明日にでも詳しくお話しましょう。)

あまりにこうした席にお呼ばれしすぎると、カラファテを摂りすぎることになります。そうした人は、戻ってくるどころか、パタゴニアから離れられなくなってしまいますので注意が必要です。

カーネルもそろそろ「戻らなきゃ」ってシーズンを迎えました。
なんとなく気ぜわしい今日この頃です。

えっ?お客さんは減ってるだろうに何故って?
カーネルの手帳を見れば一目瞭然!ページの上段(昼間=仕事)は
さっぱりですが、ページの下段(夜=仕事以外のお誘い)はかなりの
過密スケジュールです。

シーズンも終わりだなぁ・・・って感じです。20060309182332.jpg
ナタレス近郊の丘で例年よりも早い初雪観測
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
嘘みたい!
同じ南米なのにこんなにも気候が違うんですね。ブラジルは、まだ暑くスコ-ルが午後に降り一息つけるほどです。パタゴニアに冬が来ると別れも一緒に来るというのはホント、信じられないことです....。
2006/03/09(木) 21:24:22 | URL | yuu.k #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。