南の果て、野菜不足と戦う毎日。 羊のバーベキューに舌鼓を打ちながらも ふとした拍子に思い出すケンタッキーフライドチキンの味…。ああ、望郷。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
おー!マイ クレメンタイン!
夕暮れの海岸で
♪Oh my darling , oh my darling ♪
♪oh my darling Clementine♪
と歌っているグリンゴ発見!
*グリンゴ=北米の人
有名な「愛しのクレメンタイン」という曲です。
(正確には2番の歌詞です)
この後は、
♪You are lost and gone forever ♪
♪Dreadful sorry Clementine♪
と続くんですが、英語でよかった~って感じです。

だって、歌詞の内容は、ゴールドラッシュで
カリフォルニアにやって来た炭鉱夫の娘の
クレメンタインちゃんが、アヒルを追っかけて
川に落ちて死んじゃったけど、僕は泳げなくて
助けられなかった・・・っていう歌なんです。

こんなの、水辺で子供を遊ばせてるスペイン語しか
話さないお父さん、お母さんが聞いたら発狂しちゃいます。

まあ、そんなこんなで知り合ったグリンゴ君。
名前はジェイソン。28歳の男前。カーネルといい勝負!
(カメラ持ってなかったのが残念!)
この彼が、カーネルが少しだけ教えてあげた日本語の
「愛しのクレメンタイン」を覚えようと必死でした。

あっ、この曲、日本語では「雪山讃歌」って言います。
♪雪よ岩よ われら~がやどり~♪
♪おれたちゃ まちには 住めないからに~♪
っていう、山に登る日本人なら誰でも知ってる曲です。
カーネルは小学校の音楽で習った記憶があります。

これを上から下まで暗誦できるのがカーネルの数少ない自慢
の1つ!です。
これをジェイソン君に、日本語で歌って英語で意味を説明して
あげましたら、彼は最後のフレーズ(9番)が一番のお気に入り。

♪山よ さよなら ご機嫌よろしゅ~♪
♪また来る ときにも 笑っておくれ~♪

まあ、短いセンテンスですから、外国人にも覚えやすいのか、
手のひらに書き留めて、10分も練習すればそれなりに
歌えるようになりました。

パイネのトレッキング(既に雪混じりだったようで)を終えてきた彼には特別な感慨があったのでしょう。何度も何度もその9番だけ繰り返し
歌ってました。

決して上手くは無いし、時々詰まっては自分の手のひらを見ながら
歌う彼。それを聞いてるうちに、なんだかカーネルも、切なくて、目頭が熱くなるのを禁じ得ませんでした。(最近、涙腺弱くって・・・)

山よ、さよなら。ごきげんよろしゅ~!

来週で、この日記もおしまいです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
別れは出会いの始まり?
旅先でのいろんな人との出会は、いつまでもいつまでもこころにのこりますよね....。
カ-ネルさんともまた来年会えるといいですね!
2006/03/15(水) 21:21:43 | URL | yuu.k #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。