南の果て、野菜不足と戦う毎日。 羊のバーベキューに舌鼓を打ちながらも ふとした拍子に思い出すケンタッキーフライドチキンの味…。ああ、望郷。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
食事中なのに・・・。
2月12日

またまたお友達の家にお呼ばれしてしまいました。
私がほとんど自炊しないもんだから、まわりのみんなが気を使ってくれて・・・というか、こちらからさりげなく『ひもじいよぉ~』
って雰囲気を醸し出して・・・。

奥さんの手料理がずらっと並んだテーブルを前に、ワインを飲みながら大いに歓談したのです。パタゴニアなのにその日はとても蒸し暑くて、窓は開けたまま。

と・・・、一匹の羽虫が入り込んで来ました。まだ小さな2人の
子供が騒ぎ出します。蛾ほど大きくもなし、蝿ほど小さくもなし。
せっかくの料理の上に降りられては大変!と、私はいつもの慣れた手つきでヒョイっとトッ捕まえて、ティッシュに包んで捨てました。(それが異常な行為だなどとは、つゆ考えず。)

それを見ていたお子様方、『ぎゃーっ!!』とお二人でハモった
あと、ついさっきまで仲良くお話してたのに、口も聞いてくれなくなりました。

『はは~ん、これは西洋世界ではイケナイ事なのね。』

と鋭い私は察しました。

だから2回目に同じような虫が飛び込んできた時は、慌てません。
手掴みはハシタナイ。手掴みはハシタナイ。手掴みはハシタナイ。

『えいやっ!』

手元にあった雑誌で叩き潰しました。

一瞬の沈黙の後、再び子供たちの顔が引きつります。
奥さんまで、なんか目が笑ってません。奥さんは黙って立ち上がり
窓を閉めました。誰もが今の出来事に触れないように、さりげなく
明日のサッカーの話などを始めたその時!

哀れな3匹目がブーン・・・・。私は見てない振り・・・。
もうなんにもしません!!目で『それ』を追いかけます。

2人の子供の内、お姉ちゃんの方が隣の部屋に姿を消して、間もなく何かを手にして戻りました。彼女はおもむろにそれを哀れな3匹目に向けて

『シューッ!!』

料理の真上で浴びせかけました。今度は私が引きつりました。
その後、何事もなかったかのように楽しい楽しい晩餐は続いたのでした。が、飲んでばかりで、あまり食べた記憶がない!!
せっかくの栄養だったのにぃ!!!

なにが『マナー』か、異文化理解は難しいもんです。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。