南の果て、野菜不足と戦う毎日。 羊のバーベキューに舌鼓を打ちながらも ふとした拍子に思い出すケンタッキーフライドチキンの味…。ああ、望郷。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ミイラです。
2月15日

4、5日前の話になりますが、チリ南部でミイラが発見されました。場所は、州都プンタアレナスから南に250KMほどの孤島。
およそ200年前のミイラだそうです。
専門家の話によると、推定(?)女性、ほぼ完璧な状態で保存されており学術的価値は高いとの事。おそらくこの地方の原住民ではないかと言われています。

また、この地方の低温の気候が良好な保存状態を保ちえた理由とされており、他にも発見できるのではないかと、マゼラン大学の研究チームが調査に入りました。

200年前と言えば、日本では江戸時代末期。
火葬の習慣が古くからあった日本では、ミイラというのは一般的ではありませんが、(白骨死体はたまにあるようですが・・・)
南米では宗教的な理由から割りといろんなところにゴロゴロしてるモンなんですねえ。

というわけで、私も今日、ミイラを発見してしまいました!
場所はプエルトナタレスの町の中心地。もっと細かく言えば
私の住んでる建物の中。というより、私の部屋の中!

それは見事に干からびて、水分のかけらも残っていない状態で、私の部屋の戸棚の中から発見されました。

一週間前に半分だけ食べた、りんごの片割れ。

私が信奉する、『昨日の事は忘れよう!明日の事は考えない!』
という宗教的な意味合いが強いものと思われます。

本日のプエルトナタレスは晴れ。気温は18℃でした。
ここ10日ばかり、恐いくらいの快晴が続いています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。