南の果て、野菜不足と戦う毎日。 羊のバーベキューに舌鼓を打ちながらも ふとした拍子に思い出すケンタッキーフライドチキンの味…。ああ、望郷。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
最果てのインターネット屋さん
1月20日

本日よりパタゴニア便りと題して、広くはパタゴニアの文化の話から身近なところでは、筆者個人の食生活に至るまで、様々な四方山話を掲載します。

出来るだけ読者の方々に分かりやすく書くつもりでおりますが、万が一解り難い用語、表現などがあった場合には、どうぞご遠慮なくご指摘下さい。

さて、初日の今日は、まずは軽くインターネットのはなしなど・・・。筆者の住んでるプエルトナタレスには、『高速ブロードバンド』なるものがありません。街で一番速い(と自分で言ってる)接続速度を自慢にしているPおじさんのインターネットカフェで、な、なんと!『512KBPS・・』
そんなPさんのお店、何故だか夕方になるとインターネットが繋がらない、または繋がってもメチャクチャおそい!
理由を聞いたところPおじちゃんは自信たっぷりにおっしゃいました。

「そんなの当たり前じゃんか! 夕方はみんな家に帰ってインターネット使うだろ? みんなが同時に使っちゃうから、線が詰まっちゃって遅くなるんだ。待ってりゃ直る!」

フ-ン・・・って・・・糸電話じゃないんだから!!・・・。
でもでも、ホントに次の日の朝になるとチャンと直ってるから不思議。

仕組みなんて分からなくても使っちゃうことのできる人間って・・・すごいですね。

本日のプエルトナタレスの天気は曇り、気温は13℃でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。