南の果て、野菜不足と戦う毎日。 羊のバーベキューに舌鼓を打ちながらも ふとした拍子に思い出すケンタッキーフライドチキンの味…。ああ、望郷。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
炭鉱の町、黄色いハンカチの町。
2月18日

昨日、プエルトナタレスから一番近いアルゼンチンの町、というか
村、リオ・トゥルビオという所へ行ってきました。国境近くのひなびた炭鉱の町で、人口は超田舎のプエルトナタレスのそのまた半分くらいしかありません。昨年の落盤事故で14人の方が亡くなられた際には一部で一躍有名になりましたが、普段はほんとに淋しい集落です。アルゼンチンの通貨安から今日ではナタリーノ(プエルトナタレス居住者)の日常品買出し場と化しています。(チリのお金がそのまま使えます。)

私、この集落を見てすぐに『幸せの黄色いハンカチ』を思い出しました。高倉健さんと武田鉄也さんが出てたあの山田洋次監督の名作。あれに出てた北海道は夕張の町と酷似していたのです。
周囲を鉱物を産出する丘陵に囲まれた盆地に、平屋建て煙突付きの家々が所狭しと立ち並び、丘の中腹の長屋風の家までそっくりです。個人的な話になりますが、私、フライドチキンの次にこういう
鉱物とか化石とか大好きなんです。1万年前の石とか見てると興奮するんです!(変ですか?)

そんなわけで、着いてすぐにこの村が大好きになりました!
小さいですがスキー場もあり、炭鉱の中の見学もできる、なにより
自分が健さんになったような気分に浸れる・・・。
実を言うと私カーネルは、健さんよりすこ~しだけ太めで、すこ~しだけ三枚目なのですが、小さい頃から健さんのような男になる!
と公言してきた程のファンなんです。

上手く恋愛ができないときには
『不器用な奴ですから・・・』

長くシャバを離れた後にレストランに入って言う言葉は
『カツどんとしょうゆラーメンください・・・』

って決めてるんです!(幸いと言うか不幸にしてというか、今のところ言う機会に恵まれませんが)

というわけで、皆様も、パイネ国立公園で汗をかいた後は、このリオ・トゥルビオでゆっくり健さんに成り切りませんか?
女性だったら倍賞千恵子さん!

是非、お越しくださいませ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。