南の果て、野菜不足と戦う毎日。 羊のバーベキューに舌鼓を打ちながらも ふとした拍子に思い出すケンタッキーフライドチキンの味…。ああ、望郷。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
モンゴロイドのメンツ
2月18日

昨日、アルゼンチンのリオ・トゥルビオという国境の町に買出しに行ってきました。同行は近所のお姉さま方3人。
車を出してもらってる手前、おばちゃんとは書き辛いのです・・。

プエルトナタレスより遥かに品揃え豊富で安いものばかり。
タバコ2カートンとアルゼンチンワイン4本、カーネルの名に恥じずチキンの丸焼き一匹。あと細々とした雑貨類、買い込みました。

これで、1週間分の酒とタバコは確保!今夜は渋めのアルゼンチンワインとチキンで久しぶりの贅沢ができる!と喜び勇んで国境へ。
これでもカーネルさんは一応旅行会社社員!チリで免税になる範囲はもちろんご存知です。オーバーするタバコはポケットに、酒は座席の下に隠します。(脱税?密輸?)同行のおばさま方も生のチキンやら、ビーフやら、ハンドバッグの中に隠します。(チリでは加工してない肉類、野菜類、種子等は持ち込み禁止)

私は免税許容範囲のワインとタバコ、チキンの丸焼きを無造作に
トランクに放り出し必勝体制。問題のあるはずがない!

ところが・・・その日に限りメチャクチャ厳しいチェックを受けたのです。荷物は全部中を開けられ、車も念入りに調べられます。
後で分かった事ですが、この日の午前中にご禁制のコカの持込が
あったらしく、係員はみんなピリピリ。
結果、私のワインは見事に見つかり課税対象に。(タバコは無事)
おまけにチキンの丸焼きまで難癖を付けてきます。
調理食品にまでケチをつける係官に、日ごろとても温厚なカーネルも珍しくブチ切れ!

『おもしれえやんけ!』

同行3人が唖然として自分たちの生チキンや生ビーフが見つからないか戦々恐々としているのを尻目に、税関事務所でコルク抜きを借りてワインの栓を抜きました。あとはご想像通りの修羅場。
ワイン一本ラッパ飲み。つまみはチキン一匹。

15分後、両方とも綺麗に片付けました。
苦笑いしながら係官、『行ってよし』って。
そのニヤケタ面にカーネルは捨てゼリフを浴びせかけたのでした。

『モンゴロイドをなめたらあかんぜよ』(意味不明)

走り出した車の中でフラフラになっている私に、同行の3人は
恐る恐る尋ねたのでした。

『今のをカミカゼっていうの?』

いや、ちょっと違うんだけどね・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。