南の果て、野菜不足と戦う毎日。 羊のバーベキューに舌鼓を打ちながらも ふとした拍子に思い出すケンタッキーフライドチキンの味…。ああ、望郷。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
パイネ国立公園・山火事続報
2月22日

昨日お伝えいたしましたパイネ国立公園山火事の続報を申し上げます。

本日22日、午前10時過ぎより公園への入場が全面見合せとなっております。せっかく遠い所からいらしていただいたお客様方には
大変お気の毒なのですが、お客様の安全確保および消火活動の効率化のため、公園に通じる全ての入場口が閉鎖されました。

火災は一時、鎮火の兆しを見せたのですが、昨日未明からの強風にあおられ、再燃いたしました。公園内では200人体制で消火に当たっておりますが、未だに鎮火の見通しは立っておりません。

また、本日は公園内に滞在中のトレッキング客、観光客も全て
退去するようにとの通達があり、一時、パイネ国立公園周辺および
プエルトナタレスは公園から戻る方々の列により、ホテル、バス会社等で混乱が見られました。

火災発生が報告されてから既に丸5日が経過しておりますが、事態は悪化の一途を辿っており、更なる長期化が心配されております。

公園の閉鎖が長期化するようなことになれば、夏場の観光産業が
その収入の中心であるプエルトナタレスの経済にも深刻な打撃となることは明白であり、地元民も1日も早い消火を待ち望んでおりますが、消火に当たっている一部の関係者からは、

『既に人の力による鎮火を期待できる段階は過ぎた。』

との声もあり、ひたすら降雨を待ち望む雰囲気も生まれつつあります。

当地をご旅行予定の方は、今後の情報にご注意ください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。