南の果て、野菜不足と戦う毎日。 羊のバーベキューに舌鼓を打ちながらも ふとした拍子に思い出すケンタッキーフライドチキンの味…。ああ、望郷。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
嫌われる旅行者様
3月11日

どこの世界にも嫌われ者の旅行者様というのはいらっしゃるもので、ここパタゴニアでも業者泣かせの旅行者様というのは多いんです。個人的には旅行者を国籍で括るのは好きではないんですが、
ここの人たちは兎角、日本人旅行者、アメリカ人旅行者、という風に括りたがるんですね。

さて、彼ら曰く、一番の困ったチャンは『イスラエル人』旅行者だとか。自分の思い通りにならないとなるまでテコでも動こうとしないらしい。例えばツアー中に含まれる食事で、気に入らないものが出ると、セットメニューにも関わらず、変えてくれるまで抗議する、どうしても変えてもらえないとその料理単品の値段分の返金を
要求するとか、なかなかのジャイアンぶり・・・。
また、正午のサイレンが鳴ると、食事中でもなんでもテーブル、机の下に潜り込むとか・・・(こちらの方は笑い事ではありませんね。戦争の悲しいサガです。)

次に不人気なのが現地チリ人。とにかく事情を知っている分、勝手な事を言って困らせるといいます。1日前に言って、ホテルの予約が取れないことを怒るとか、ツアーでもチリ人(現地人)料金は無いのか!と言って値引きを迫るとか・・・。

それに対して、現地に評判がいいのはヨーロッパラテン系(フランス、スペイン、イタリア人)と我等、日本人。ラテン系ヨーロッパ人は、その殆どが流暢ではなくてもスペイン語を話して意思疎通が
しやすいというのが一番の理由。

一方、日本人の場合は、とにかくいつもニコニコしている。
また、他人の話を、言葉の問題で分からなくても、必死に聞いてくれる、又は聞いている振りをしてくれる、からだそうです。
日本人は決して、旅行先の国の人に対して声を荒げたり、手を上げたりせず、紳士淑女が多いというのがこちらの評判です。
(私がその評判を崩しているのではないかと不安ですが・・・)
ただ、一つだけ日本人旅行者に対して苦言があるとすれば、それは・・・

『お酒の飲み方を弁えて欲しい』 

ことだとか。食事にアルコールが付いてくるのは、ここでは一般的なわけですが、どうも日本人はお酒になるとマナーも何も無い。
公衆の面前で酔っぱらうまで飲むのは、こちらの人には理解できないのです。増してや通りを千鳥足で歩くなどもっての外。

日本では『お酒の上の事だから』という文化がありますが、こちらでそれは許されない事(何よりもご自身が危険です)であると
認識して、皆様もご自重下さいますようお願い申し上げます。

ただ、これを私に語ってくれたのは、普段から私と親しいガイド氏で、彼の中の日本人像の約半分は私の事だと思います。

彼によると私は、バーで明け方まで飲んだ後、なぜか礼儀正しく
きちんと揃えた一足の靴を残して、気温5℃の中を裸足で帰宅した事があるとか・・・。

どうせ、こっちが覚えてないと思って、作り事言ってるんでしょうけど・・・。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。