南の果て、野菜不足と戦う毎日。 羊のバーベキューに舌鼓を打ちながらも ふとした拍子に思い出すケンタッキーフライドチキンの味…。ああ、望郷。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
カジノでブラックジャック!
3月12日

プエルトナタレスは、人口2万人弱の小さな町、または村です。
でも町の中に、それも中心街から程近いところにカジノがあります。取り立ててギャンブルが好きなわけでもありませんが、誘われれば何処でも付いて行く私、行ってきました。

2ドル弱の入場料を払って中に入ると、ガラーンとしたフロアに
まばらに人の姿があるだけ。半分以上はスロットマシンです。
機械にもて遊ばれるのは趣味じゃない私は、迷わず1台しか置いていないルーレットと、2卓しかないカード台の方へ向かいました。

まずはルーレット。30ドル程度をコインに変え、賭けます。
ディーラーは蝶ネクタイのおじさんですが、余り腕は良くなさそうです。1時間ぐらい遊んで結局収支はトントン。

気分転換に2階のバーでロン(お酒)を注文して、ではでは、と飲みながらカード卓を物色。ポーカー卓の方がブラックジャック卓より客の付きは良いご様子。それもそのはず、ポーカー卓のディーラーは若いお姉ちゃん。ブラックジャックは若くないお姉ちゃん!

私だってポーカー卓の方が勿論いいけど、なかなか席が空きそうにありません。仕方なく、若くないお姉ちゃん(40歳位?)の方に一杯ご馳走して勝負開始!この若くないお姉ちゃん、メチャクチャ腕が良いらしく、遊ばせてくれます。もしかして私って才能あるかも!って思えるくらい。30分ほどで投資の10倍くらい稼がせていただいて、ホクホク♪ 

と、チャイムが鳴り、何かと思っていると、ポーカー卓とブラックジャック卓のお姉ちゃんがポジションチェンジ!

ますますツイてる♪ 今日の私は絶好調♪ 

と思いきや、このお姉ちゃんメチャクチャ渋い。常識では考えられないような事ばっかりやってくれる!だいたい、ブラックジャック
が3回続くなんてありかよ!ここで、私、落ち着くためにバーに戻り、オカワリのロン。戻って、そう言えば、この若いお姉ちゃんにご馳走してない事に気づいて、あわてて一杯。
お姉ちゃん、感情のこもらない声で『ありがとう』と一言だけ。
愛想もクソもありゃしない!
結局その後も振るわず、午前4時の閉店時間にはスッテンテン。

意気消沈して、店を出る時に例の『若くない方のお姉ちゃん』が送ってくれて

『ごちそうさま。ポーカーの方に来ればよかったのに・・・』

って、優しく仰ってくださいました。

『うん・・・ごめんね・・・見掛けで判断しちゃった・・・。
 やっぱ、経験豊富なお姉さまに優しく包まれたい♪』

って、節操なく改心したのでした・・・。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。