南の果て、野菜不足と戦う毎日。 羊のバーベキューに舌鼓を打ちながらも ふとした拍子に思い出すケンタッキーフライドチキンの味…。ああ、望郷。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
スーパーマーケットの習慣
1月24日

日本の皆様には馴染みが薄い習慣だとは思いますが、チリ、少なくとも首都サンチアゴでは、スーパーで買い物をした際、どこからともなくやって来た少年少女が買った物を次から次へ袋に詰めてくれちゃいます。最後にありがとうって言って幾らかのチップを渡すのが習慣なのですが、同じチリでも、ここプエルトナタレスにはそんな習慣がないようです。
ここに着いたばかりの頃、買い物をしてレジで大行列を作ってしまいました。まずは、当然、少年少女が来てくれると思ってボケ~っと待っていたのが原因。レジのオバちゃんに早く詰めなよ!って
言われて、慌ててビニール袋に詰めようとするのですが、このビニール袋も日本或いはサンチアゴほど質が良くないので、指で擦ってもなかなか開いてくれない・・・おまけに何か角のあるものが当たるとすぐに破けてボロボロ・・・。
挙句の果てには、次の人の邪魔だからあっちでやって!って言われる始末。しょうがないから、袋詰めを諦めて両手で買った物を抱えて店を出ようとしたら、ガードマンにレシート見せて!って言われて・・・。一品一品レシートと照らし合わせて、ガードマンが袋に入れてくれました・・・。結果オーライで、めでたく袋に詰めた状態で持ち帰る事が出来ましたが、あの少年少女が居てくれれば、こんなに回り道をする必要もなかったかと思うと、改めて彼らのいた
サンチアゴがとても愛しく感じられました。

本日のプエルトナタレスの天気は晴れ。気温11℃、風の強い1日でした。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。