南の果て、野菜不足と戦う毎日。 羊のバーベキューに舌鼓を打ちながらも ふとした拍子に思い出すケンタッキーフライドチキンの味…。ああ、望郷。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
鬼はナタレスへ犬退治に・・・
4月13日

観光シーズンも終わり、いよいよ州行政も増えすぎた街中の野良犬
退治に乗り出しました。今週の金曜日から、このプエルトナタレスの町でも50人体制で大捕獲作戦が始まります。

以前にも書きましたが、ここでは夏の観光シーズンが終わると都会に帰る人が多くて、その人達が放り出した多くの犬たちが残されるのです。また、悪癖ですが、子犬の頃だけ可愛がって、大きくなると捨ててしまう人が多いというのも世界共通でしょう。

さて、新聞に今回の大作戦に参加する捕獲隊員(半数はボランティア)の装備が紹介されています。手足をゴテゴテした防具で覆い
フルフェイスのヘルメットをかぶったその姿は、まるで鬼のよう。
犬を連れた金太郎に退治された赤鬼のようです。

あれっ?ももたろうでしたっけ・・・?うらしまたろう?

まっ、そんなわけで退治された犬たちは、一度町外れのアウシュビッツ収容所に送られます。
そこで48時間手厚く保護された後、引き取り手が現れない場合には、手厚く安楽死させられるそうです・・・。こんな事が毎年毎年
繰り返されているのです。それでもノラ犬は増える一方、ノラ犬に
噛まれて病院に担ぎ込まれる人も増える一方。

行政としては、人間に被害が及ぶ事を最も危惧していますので、
当然、捕獲、処分、という事になるのです。

『犬は、太古の昔から人間のよきパートナーで・・・』って
言ってる人がよくいますが、大間違いです。少なくともイヌの方は
そう思っていませんよ!だから人間に牙をむくんです。人間に捨てられた犬は以後、人間を信用しません。だから人に危害を加えるのです。そして、この連鎖を作っているのは『あなたたち』人間なのです。

このニュースに、ナタレスの善良な飼い主さんたちは、この期間に
自分の飼い犬が逃げ出して行方不明にならないように、非常に気を使って心配しています。

かく言う私にも心配事が1つ。条例で捕獲後48時間の保護が義務付けられていますので、そのまま街中に毒団子をばら撒くというわけにはいきません。そこで、行政は効率よく彼らを捕獲するために
『しびれ薬』のようなものを混ぜた茹でた鶏肉を、ノラ犬の溜まり場近くにばら撒くのだそうです。

そう!私の心配事はそれなのです!
鶏肉、トリニク、とりにく・・・。

『 前略、捕獲隊員の皆様。

のら犬の溜まり場近くで、しびれて動けなくなっている2本足の 大きな動物がいたら、それは人間です!どうか捕獲したら速やか
に最寄りの病院に連れて行ってください!    』


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。