南の果て、野菜不足と戦う毎日。 羊のバーベキューに舌鼓を打ちながらも ふとした拍子に思い出すケンタッキーフライドチキンの味…。ああ、望郷。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
油違い
日本語でも、油には何種類もあってややこしいですよね。
原油、重油、軽油、灯油、ガソリン、サラダ油、がまの油・・・。

チリでもやっぱり同じように何種類かに呼び名が分かれていて
しかも、スペイン語圏でも国によって呼び方が違ったりするので
間違えると大変です。

既にチリに住んで3年になろうとしているのに、未だに私は間違った
使い方をします。

例えば、ジッポーライターのオイルを買うのに
『すいませ~ん。ライターのサラダ油ください!』とか、
スーパーの精肉売り場で
『この牛肉、重油が一杯付いてて身体に悪そう!』とか。

まぁ、このくらいなら笑って済ませられるから問題ないんですが
バックパッカーの方のホワイトガソリン(キャンプ用品)買いに行くのを手伝って、アウトドアショップのレジで、
『白い脂身ください・・・』
って言ってしまった時には、さすがに恥ずかしかった・・・。

さて、本日は大晦日。何が変わるわけでもないですが、たまには料理でもしてみましょう!と思いまして、スーパーで目玉焼き用の卵と冷凍ハンバーグを買いました。店を出てから、そういや家、フライパン無いやって気が付きまして途中の雑貨兼金物店で、フライパン1つ購入。そういえばサラダ油も無いやってことで、店のオヤジに、

『油(aceite)もあれば欲しいんだけど』

って言うと、奥から1ℓの缶に入ったのを出してくれました。

(勘の良い方は、もう気が付きましたね?このあと何が起こったか。)

家に帰って、新しいフライパン暖めて、缶きりでオイルの缶を開けて
フライパンの上にドボドボドボ・・・。ずいぶん粘り気のあるオイルだなあっって思わないでもなかったですが、まあ田舎だし他にないんだろう、くらいに考えてその上に卵を2つと冷凍ハンバーグを乗っけて、フタをしました。

インターネットしながら待つこと3分、なんかレンジのほうから異様な臭い・・。
ビックリして、あわててフタを開けて、2度目のビックリ!!
炎がバッと燃え上がり、天井まで届きました・・・。
驚いて、思わずフライパンを流し場に放り投げてしまいました。
何が起こったのかさっぱり分からず、しばし呆然・・・。

すごい悪臭とブスブス音を立ててるフライパンを横目に、ガスを消し、窓を開け換気。
そのあと、フライパンに水を掛けて、哀れに焦げ付いた目玉焼きと、ハンバーグを皿に移して、さっきのは一体なに?って考えてたら、ピンと閃きました。
(こんな状況でまだ、目玉焼きとハンバーグを食べようとしてるところが凄いですが・・・)

スチール缶を手にとって、表示を見ると、そこにはやっぱり「aceite」と書いてあります。
でもでも、aceite のあとに de motor って書いてあります・・・。
de motor , デ モトール、で もとーる・・・。
頭の中でひとつの単語になりました。

エンジンオイル

げっ・・・。そりゃ燃えるわ。

大惨事にはならずに済みましたが、もう2度と料理なんてしない!と堅く心に誓ったのでした。
被害・・・卵2個、ハンバーグ一枚、新品フライパン1こ。

教訓:表示はしっかり読みましょう!
   慣れない事は止めときましょう!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。